2017.09.12

posted by Rocca Spiele
メカス家訪問報告会@京都・誠光社

5月1日。京都に行ってきました。いしいしんじさんと、誠光社・堀部さんを訪ねて。ブルックリンのジョナス&セバスチャン・メカスをボニー・エリオットと訪ねたムービーを見てもらいに。そして先日のライブの、トレーシングペーパーの「本」にサインをもらいに。

01shinji01.jpg

ジョナスからのビデオメッセージを聴く、いしいさん。そのまなざしが、フィルムを見ているときのジョナスの目とだぶって見えて、なんだかそれだけで、ああ、よかったな、と思いました。

02shinji03.jpg

時間も、場所も、離れたところにいる友人と、笑いあう。

03jonas02.jpg
みんなで「カンパイ!」

04shinji.jpg

05horibe01.jpg

06kyoto03.jpg

このあと、いしいさんと堀部さんに、ジョナスへのメッセージをもらいました。

07shinji06.jpg

ノリノリのいしいさん。ジョナスに投げキスしてました(笑)。
メッセージはジョナスにDVDにして送りました。

08horibe02.jpg
堀部さんからもメッセージ。
「1970年代から、日本の書店は、メカスさんの日記を売り続けています。まだまだ売り続けますんで、よろしくお願いします」

いしいさんが、5月1日の「ごはん日記」に、その時の様子を書いてくれています。

うれしいなぁ。

Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/222

comments(0)



2017.08.08

posted by Rocca Spiele
4月。ジョナス&セバスチャンに会ってきました

4月。ブルックリンで、ジョナス&セバスチャンに会ってきました。

3月に京都・誠光社で行った、映画&その場小説のライブイベントの報告が目的です。
「その場翻訳」してくれた、ボニーと、娘のルル。父親のトムもいっしょに。

jonas201704-00.jpg

なんと、ジョナスとセバスチャンの家の目の前に、ボニーの旦那さんの妹が住んでいる、とのこと。「あれ!」と指差すボニー。



jonas201704-1.jpg
玄関のインターフォンを鳴らすと、ジョナスがいつものように、別の入り口から現れて出迎えてくれました。


jonas201704-2.jpg
エレベーターを降りると、息子のセバスチャンと、猫のパイパイが待ってくれています。


jonas201704-3.jpg
プレゼントの花を花瓶にさすジョナス。


jonas201704-4.jpg
ジョナスは1922年生まれで、94歳。ボニーの父親のトムは、1931年生まれで86歳。ふたりとも元気そうです。


jonas201704-5.jpg
3月のライブの様子は、トレーシングペーパーに印刷した作品として持っていきました。左側にいしいしんじの文。右側にボニー・エリオットの翻訳。記録映像を別の紙に印刷して、それがすけて見えるようになっています。


jonas201704-6.jpg
「ミラクルな時間だった」というボニーの話に耳を傾けるジョナスとセバスチャン。


jonas201704-7.jpg
「読むのではなく、見させてもらうよ」と言いながらページをめくりはじめたジョナス。ですが、1枚1枚、とても丁寧に「読んで」くれました。


jonas201704-8.jpg
読み終えて微笑むジョナス。カッキーも嬉しそうです。


jonas201704-9.jpg
エリオット家からのおみやげのチョコレートを選ぶジョナス。選んでいるときの楽しそうな表情が心に残りました。


jonas201704-10.jpg
「ルルにフィルムを編集する様子を見せてほしい」というお願いにこたえて、仕事場に案内してくれるジョナス。


jonas201704-11.jpg
手回し編集機がまわります。


jonas201704-12.jpg
お母さんのポートレイトがいつも目に入る場所に。


jonas201704-13.jpg
はじめてフィルムの映画をみるルル。



jonas201704-14.jpg
手回し編集機を見せてくれたあと、居間に戻ったジョナスは、ポケットから小さなカメラを取り出しました。ニコンのコンパクトなムービーカメラ。最近は、これで録画しているそう。


jonas201704-15.jpg
このあと、トレーシングペーパーの作品にサインしてもらいました。


jonas201704-16.jpg
そして、京都の、しんじにメッセージ。
「いろんな場所から、このブルックリンにみんなが集まってきた。そして、この場所で、みんなが君のことを思っている。だから、みんなは君といっしょにいる。いま、長野の酒がここにあって、遠からずこのお酒の蓋も開くだろう。カンパイ」



jonas201704-18.jpg
みんなで乾杯。

この後、ボニーとトムに、ジョナスは「I Had Nowhere to Go」をプレゼントしてくれました。「ごめん。君には何もあげるものがなくて・・・」といったルルには・・・。


jonas201704-19.jpg
ハグをくれました。

ありがとう。ジョナス。セバスチャン。


Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/221

comments(0)



2017.06.18

posted by Rocca Spiele
ジョナス・メカス×いしいしんじ@京都・誠光社 その場小説レポート

3月12日(日)に、京都の書店、誠光社で行った映画×その場小説のライブイベント。遅くなりましたが、そのレポートです。


outtakes001.jpg

ジョナス・メカスは『リトアニアへの旅の追憶』(1971-1972)などの作品で知られる映像作家・詩人です。今回は、2012年の新作『幸せな人生からの拾遺集(Outtakes from the life of a happy man)』の上映とあわせて、いしいしんじが「その場小説」を執筆。その小説を、ブルックリンに住むボニー・エリオットが「その場翻訳」するというライブ。

outtakes011.jpg

企画・撮影をRocca Spieleの岡本零が担当しました。トレーシングペーパーを重ねて吊るし、ジョナスの映画を後方のプロジェクターから投影。前方のプロジェクターから、いしいさんの「その場小説」を上部に、ボニーの「その場翻訳」を下部に投影します。

「ボニー、きこえてる?」
「透明な字で書いているの?」

しばらく時間をおいて、ニューヨークから文字がやってきます。

「Bonnie, can you hear?」
「Are you writing with invisible ink?」

そして、物語がはじまりました。

outtakes052.jpg

ジョナスの映画の光をあびながら、小説を書くいしいさん。
イベント前に映画を見ることはしませんでした。この場、この時に、物語がつむがれていきます。

outtakes018.jpg

物語は、ぶらんこに乗るこどものシーンと重なって始まりました。
いしいさんの小説「ぶらんこ乗り」が頭によぎります。

outtakes025.jpg

「ジョナス」という名前の犬が登場。
自分の名前も忘れてしまった物語の語り手が飼っていた、愛犬です。



ジョナスの家にはいつもネコがいます。小説にも、不思議な力を持つネコ「ムーンブーツ」が登場しました。

outtakes034.jpg

映画のタイトルにある「Outtakes」は、使われなかったカット、を意味します。家族や友人。ニューヨークの街の人たちや、動物たち。水、木、海、空。これまでのジョナスの映画で、カットされた断片がつなぎあわされて、明滅するように通り過ぎていきます。

そこに、適切な文章を考えているのか止まったり、漢字やカタカナを変換したり、打ち間違いを修正したり、行ったり戻ったりするいしいさんの文章。ボニーの英語が、これも行きつ戻りつしながら、ついていきます。

outtakes053-2.jpg

京都、神戸、東京、札幌・・・。いろんな場所から集まってくれた友人たち。

outtakes056.jpg

「人間も波、馬も波、おとなもこどもも波」

outtakes057.jpg

ちょうど、満月の夜でした。
映画のなかにも、満月が。小説にも、月がのぼります。

「光のないところでみれば、月はいつだって満月なんだぜ。」

outtakes088.jpg

ふたつの波が重なり、小さなさざ波が生まれ、
大きくなった波が小さなさざ波に戻っていきます。

この「映画×その場小説×その場翻訳」ライブに続けて、ジョナスの映画『幸せな人生からの拾遺集』を最初から上映しました。

京都とニューヨーク、映画と小説、日本語と英語、そして様々な記憶が重なって波うつ、特別な時間になりました。





Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/220

comments(0)



2017.03.08

posted by Rocca Spiele
ジョナス・メカス×いしいしんじ 映画×その場小説スペシャルライブ

3/12(日)PM8:00〜 京都・誠光社で、映画×小説のスペシャルライブを実施!
Jonas Photo20170308.jpg

ブルックリンに暮らすジョナス・メカス。京都に暮らす、いしいしんじ。1922年生まれの映像作家と、1966年生まれの小説家。3月の夜、ふたりの「かけら」が混じり合います。
 
ジョナス・メカスは『リトアニアへの旅の追憶』(1971-1972)などの作品で知られる映像作家・詩人です。ナチスに故国を追われた彼は、たどりついたニューヨークで16ミリのぜんまい式カメラを手に入れ、日常の風景を撮りはじめました。「アンダーグラウンド・シネマの父」とも言われるメカスは、95歳になる現在も映画を撮り続け、自身のホームページに作品をアップし続けています。
 
今回は、2012年の新作『幸せな人生からの拾遺集(Outtakes from the life of a happy man)』の上映とあわせて、いしいしんじが「その場小説」を執筆。その場小説は、ブルックリンに住むボニー・エリオットが「その場翻訳」します。
 
時と時、空間と空間、夜と朝をつなぐスペシャルライブ。ご期待ください。

【誠光社】


【当日、YouTube Liveで配信予定!】
ディレクション/岡本零(Rocca Spiele)



Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/219

comments(0)



2016.10.30

posted by Rocca Spiele
山形スゴロック@山形ビエンナーレ その2

1_DSC5773.JPG


9月25日。山形スゴロックのゲーム大会を終えたトゥルーリは、山形ビエンナーレの主会場、文翔館にやってきました。

2_DSC5777.JPG

かつては山形県庁舎だった、という雰囲気のある建物。

3_DSC5783.JPG

荒井良二さんの展示。神さまたちがお祭りしています。

4_DSC5797.JPG

ミロマチコさんの展示。おおきな動物たちが、物語の車をひいています。

5_DSC5786.JPG

中庭には、おおぜいの人が集まっていました。

6_DSC5865.JPG

いしいしんじさんと荒井良二さんの「その場小説」。おおきな本に、「その場」で、いしいさんが文を。荒井さんが表紙の絵を、かいていきます。

7_DSC5812.JPG

野村誠さんが、ピアニカを吹きながら走り回って、音をふりまいていました。

8_DSC5848.JPG

途中、川村亘平斎さんも加わって、

9_DSC5829.JPG

トゥルーリは、野村さんの楽器のバチを何やら組み立てはじめました。

10_DSC5832.JPG

9月の山形の青空の下。新しい物語がつむがれていきます。

11_DSC5900.JPG

ふしぎですてきな人たちが集まる山形ビエンナーレ。また2年後が楽しみです。


Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/214

comments(0)