2017.08.08

posted by Rocca Spiele
4月。ジョナス&セバスチャンに会ってきました

4月。ブルックリンで、ジョナス&セバスチャンに会ってきました。

3月に京都・誠光社で行った、映画&その場小説のライブイベントの報告が目的です。
「その場翻訳」してくれた、ボニーと、娘のルル。父親のトムもいっしょに。

jonas201704-00.jpg

なんと、ジョナスとセバスチャンの家の目の前に、ボニーの旦那さんの妹が住んでいる、とのこと。「あれ!」と指差すボニー。



jonas201704-1.jpg
玄関のインターフォンを鳴らすと、ジョナスがいつものように、別の入り口から現れて出迎えてくれました。


jonas201704-2.jpg
エレベーターを降りると、息子のセバスチャンと、猫のパイパイが待ってくれています。


jonas201704-3.jpg
プレゼントの花を花瓶にさすジョナス。


jonas201704-4.jpg
ジョナスは1922年生まれで、94歳。ボニーの父親のトムは、1931年生まれで86歳。ふたりとも元気そうです。


jonas201704-5.jpg
3月のライブの様子は、トレーシングペーパーに印刷した作品として持っていきました。左側にいしいしんじの文。右側にボニー・エリオットの翻訳。記録映像を別の紙に印刷して、それがすけて見えるようになっています。


jonas201704-6.jpg
「ミラクルな時間だった」というボニーの話に耳を傾けるジョナスとセバスチャン。


jonas201704-7.jpg
「読むのではなく、見させてもらうよ」と言いながらページをめくりはじめたジョナス。ですが、1枚1枚、とても丁寧に「読んで」くれました。


jonas201704-8.jpg
読み終えて微笑むジョナス。カッキーも嬉しそうです。


jonas201704-9.jpg
エリオット家からのおみやげのチョコレートを選ぶジョナス。選んでいるときの楽しそうな表情が心に残りました。


jonas201704-10.jpg
「ルルにフィルムを編集する様子を見せてほしい」というお願いにこたえて、仕事場に案内してくれるジョナス。


jonas201704-11.jpg
手回し編集機がまわります。


jonas201704-12.jpg
お母さんのポートレイトがいつも目に入る場所に。


jonas201704-13.jpg
はじめてフィルムの映画をみるルル。



jonas201704-14.jpg
手回し編集機を見せてくれたあと、居間に戻ったジョナスは、ポケットから小さなカメラを取り出しました。ニコンのコンパクトなムービーカメラ。最近は、これで録画しているそう。


jonas201704-15.jpg
このあと、トレーシングペーパーの作品にサインしてもらいました。


jonas201704-16.jpg
そして、京都の、しんじにメッセージ。
「いろんな場所から、このブルックリンにみんなが集まってきた。そして、この場所で、みんなが君のことを思っている。だから、みんなは君といっしょにいる。いま、長野の酒がここにあって、遠からずこのお酒の蓋も開くだろう。カンパイ」



jonas201704-18.jpg
みんなで乾杯。

この後、ボニーとトムに、ジョナスは「I Had Nowhere to Go」をプレゼントしてくれました。「ごめん。君には何もあげるものがなくて・・・」といったルルには・・・。


jonas201704-19.jpg
ハグをくれました。

ありがとう。ジョナス。セバスチャン。


Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/221

comments(0)