2017.03.08

posted by Rocca Spiele
ジョナス・メカス×いしいしんじ 映画×その場小説スペシャルライブ

3/12(日)PM8:00〜 京都・誠光社で、映画×小説のスペシャルライブを実施!
Jonas Photo20170308.jpg

ブルックリンに暮らすジョナス・メカス。京都に暮らす、いしいしんじ。1922年生まれの映像作家と、1966年生まれの小説家。3月の夜、ふたりの「かけら」が混じり合います。
 
ジョナス・メカスは『リトアニアへの旅の追憶』(1971-1972)などの作品で知られる映像作家・詩人です。ナチスに故国を追われた彼は、たどりついたニューヨークで16ミリのぜんまい式カメラを手に入れ、日常の風景を撮りはじめました。「アンダーグラウンド・シネマの父」とも言われるメカスは、95歳になる現在も映画を撮り続け、自身のホームページに作品をアップし続けています。
 
今回は、2012年の新作『幸せな人生からの拾遺集(Outtakes from the life of a happy man)』の上映とあわせて、いしいしんじが「その場小説」を執筆。その場小説は、ブルックリンに住むボニー・エリオットが「その場翻訳」します。
 
時と時、空間と空間、夜と朝をつなぐスペシャルライブ。ご期待ください。

【誠光社】


【当日、YouTube Liveで配信予定!】
ディレクション/岡本零(Rocca Spiele)



Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/219

comments(0)