2012.05.20

posted by Trulie
アレックス・ランドルフ生誕90年パーティーへ

001.JPG


アレックス・ランドルフの生誕90年パーティーに誘われて、ドイツに行ってきました。
ニュルンベルグの「ゲーム博物館」で、アレックスのゲームとプロトタイプを紹介する展覧会が行われ、それにあわせてアレックスの伝記が出版され、パーティーが開かれました。
↓詳しくはDrei Hasen in der Abendsonne(ドライ・ハーゼン)のブログに。

ニュルンベルグにハンスが迎えに来てくれて、郊外のUelfeldにあるドライ・ハーゼンの自宅兼オフィスへ。新緑の季節を迎えたばかりの野原に、大きな空が広がっています。

002.JPG

できあがったばかりのアレックスの伝記『Alexander Randolph / Die Sonnenseite』をいただきました。『アレックス・ランドルフ 日のあたる場所』というような意味でしょうか。
アレックスのゲームの写真がカラーでたくさん入った、ドイツ語が分からなくても楽しい本です。めくっていたら、あら? 僕と似た帽子をかぶった写真が!

003.JPG

ドライ・ハーゼンの中庭。ミラノで発表した新作ゲーム『Decco(デッコ)』を見てもらいました。広島のマルニ木工さんといっしょに作ったプロトタイプ。
アレックスといっしょにたくさんのゲームを作ってきたハンスと、いっしょにプレイ。
遊びはじめた時、彼が「アレックスにも見ていてもらおう」と言って、伝記のアレックスの写真のページを広げて、横にたてかけてくれました。

004.JPG

家族ともいっしょに。娘のレナと子供たちと遊んでいるところ。


005.JPG

うかがった日はちょうど息子のポールの誕生日でした。
大きなケーキをいっしょに食べた後、オフロードバイクにいっしょに乗せてくれて、野原をぐるっとまわりました。帽子がとんでいって野原の真ん中へ。

006.JPG

伝記の著者のフィリップ(Phillipe Evard)。
アレックスに「伝記をつくろう」と持ちかけ、レコーダーを持って取材した後、その内容を書き起こして見せると「私はこんなことは言っていない」とアレックス。「でも、聞いてもらってもいいけど、確かにこう言ったよ」とフィリップ。「いや、そう言ったかもしれないが、私の言いたかったことではないんだよ」とアレックス。
いろんな思い出がつまった本です。

007.JPG

ニュルンベルグの展覧会場。
たくさんのアレックスのゲームが並んでいます。

008.JPG
トロイの木馬ゲームのプロトタイプ。

009.JPG

製品化されなかったゲームも、たくさん並んでいます。

010.JPG

パーティーは、ドイツだけでなくイタリアやフランスからもアレックスの友達がたくさん来て、彼の思い出話をして、いっしょにお酒を飲み、ゲームをしました。
たのしく、あたたかな時間でした。

ありがとうアレックス。

Photographs by Paul and Johan Ruttinger



 


Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/126

comments(0)



2012.05.14

posted by KAKI
サローネ日記vol.3

今回のサローネではいろんな国のいろんな世代の人と
いろんな場所でロッカをしました
kaki120514_02.jpg

フランスのTVの取材が来たり
kaki120514_03.jpg

ポルタジェノヴァの鉄橋や
kaki120514_04.jpg

ドゥオーモ広場の地下鉄でも

ロッカをアピールすることができました
kaki120514_07.jpg

期間中Rossana Orlandiには2万人来たそうです
(どうりで大変だと思った)

来ていただいた方はもちろん
関わっていただいた仲間と、懐の広いミラノに感謝です!
本当にありがとうございました

これからもよろしくね!!
kaki120514_06.jpg

次回は「トゥルーリさんドイツに行く!」です

お楽しみに!!

Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/125

comments(0)



2012.05.07

posted by KAKI
サローネ日記vol.2

今回

強く感じたことがあります
コミュニケーションの手段は
ただ言語を伝えれば良いだけではない
ということです

kaki120507_01.jpg
相手に興味を抱かせるのも第一歩

kaki120507_03.jpg
同じOrlandiで出品していたAlvaroのスツールは
どんどん繋がって広がっていきます


kaki120507_02.jpg
近いことを同時に考えていると
知り合ってすぐの人でも
共通言語が多い気がします

kaki120507_05.jpg
去年、Orlandiで気に入って買った積み木をつくったふたり組。

kaki120507_04.jpg
簡素化した物の方が読み取り手の想像が生まれる魅力を伝えると
よりRoccaに強く関心をもちます

何を考えどう物にに落とし込むか
日々考えているデザイナーにとって
意識の共通性をもっていると安心するみたいです

コミュニケーションの深さを再認識しました

kaki120507_07.jpg

それと同時に
いろんな所ででゲームをしていて
目の奥をさぐりながら駆け引きを楽しみ
笑いあう事も
深いコミュニケーションになることがわかりました

もっと
いろんなところに行って
ゲームしよ!

Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/124

comments(0)



2012.05.02

posted by KAKI
サローネ日記vol.1

あー

もう2週間が過ぎてしまいました
はやい!
時間が過ぎるのが早すぎる!
あの、怒濤の日々がちょっとなつかしい!?
ちゃんと報告しなきゃと思いながら
戻ってからも怒濤の日々を過ごしていて
やっとMacに向かってます


Rossana Orlandi でのミラノサローネ
初日が4月17日火曜日
ドキドキでスタートしました
kaki120502_01.jpg

やっぱり、いいギャラリーだなー
kaki120502_02.jpg

中庭を通り過ぎ2階のショップに
kaki120502_03.jpg
元ネクタイ工場だったみたいで

ずらりと並んだネクタイケースが商品の在庫用BOXとして使われていました

そして、またその横の廊下の奥に怪しいスペースが!
kaki120502_04.jpg
これがRoccaのブースです

アリ地獄のような一角でゲームの蜜に寄ってくる人がどんどんやってくる!
kaki120502_05.jpg

興味津々のいろんな国の人たちがひっきりなしに訪れ
言葉は通じなくてもゲームを通じて仲良しになりました

あっという間に一日が過ぎ
気がつくとこんな時間という日々が
過ぎていきました
kaki120502_06.jpg

Trackback Link http://rocca-game.jp/mt/mt-tb.cgi/123

comments(0)